多汗症について

その他の多汗症

脇の多汗症で悩んでいるという方も多いと思います。実は、多汗症は他の場所にもあるというのをご存知でしょうか。

まずは、手のひらの多汗症。人によって、症状の程度は異なりますが、手のひらが汗で光って見えるくらいの方もいれば、汗がしたたり落ちるくらいの症状の方もいらっしゃいます。手のひらであれば、それほど人には気づかれないし気にならないのでは?と思いがちですが、実際に手のひらの多汗症で悩んでいる方は様々なことで苦労をなさっています。例えば、文字を書こうとすると汗で紙が濡れてしまい書きづらい、汗で手が滑ってしまい物をよく落としてしまう、手をつなぐことが不安、などと悩んでいらっしゃいます。

また、顔面多汗症で悩んでいるという方も多くいらっしゃいます。女性の場合には、お化粧などをするため特に不快になるのではないでしょうか。男性の方でも、やはり顔が汗だくになるというのは恥ずかしいもの。顔の場合には、多汗症の手術を行っても効果が出にくいといわれています。

いずれにせよ、多汗症で悩んでいるという方は一人で抱え込まずに一度病院に相談に行くというのも一つの方法ではないでしょうか。専門の方に話をきいてもらうというだけでも、ストレスが少し軽減されるのではないでしょうか。意外にも、自分で気にしているほど症状はひどくないという場合もあります。多汗症の多くの原因は、ストレスや不安などからきているため、一人で悩み過ぎて過剰に反応し、悪循環を作ってしまっている可能性もあります。どうしても気になるという方は、一度病院で相談するようにしましょう。