多汗症について

脇の多汗症

脇の汗について病んでいる方も多いのではないでしょうか。

実はそれ、多汗症ではありませんか?多汗症の症状は、発汗の量が人よりも多いこと。全身性多汗症と呼ばれる、全身からの発汗の量が多いタイプと、局所性多汗症と呼ばれる頭や頭部、手のひら、脇などの局所的に発汗の量が多いタイプとふたつあります。多汗症のレベルは、体質などにより個人差があります。

症状は、ストレスや緊張などから起こされるものが発汗作用となっています。そのため、精神面にかなり左右されるということになります。個人差はありますが、心配性な方や神経質な方、また性格的に優しい方などが脇の多汗症になりやすいといわれています。更に、脇の多汗症の場合には自律神経が乱れている可能性も考えられます。自律神経は、様々な役割がありますが発汗を抑制するというのも大きな役割となっています。そのため、自律神経が乱れてしまうと体温調整が上手にできなくなってしまい、ホルモンバランスが崩れてしまいます。そして、脇の多汗症として症状が出てしまうことがあります。

多汗症とワキガとの区別が分からないという方もいらっしゃるかもしれませんが、多汗症とワキガは原因となる汗腺が異なるため全く違うものとなります。多汗症は、エクリン腺とよばれている汗腺から、過剰に汗が分泌されますが、ワキガはアポクリン腺から分泌される汗となります。多汗症とワキガの対処方法は、異なってきますので注意しましょう。