匂い

ワキガの治療法

ワキガで悩んでいるという方の中には、これから手術をしようかと考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。手術となると、やはり不安になるのは当然のこと。その不安を取り除くためにも、どういった手術なのか知っておくことも大切ではないでしょうか。

では、まず超音波治療をご紹介します。こちらは、脇の下を数ミリ切開し、超音波発生器具を挿入し超音波の振動で汗腺を破壊、吸引する方法となります。手術時間は、30分と短いのが特徴。また、傷痕や後遺症などの心配もない方法となります。ただし、まだ行っている病院が少なく治療費も高いということがあげられます。次に、皮下組織吸引法というのがあります。ダイエットの、脂肪吸引の方法を利用し脇の下に小さな穴をあけ、細い管で汗腺類を吸い取るという方法になります。

傷痕が残らず、回復が早いといわれています。この方法は多くの病院で行われていますが、この方法の場合には汗腺類を完全と取れないためワキガ臭が残ってしまうという欠点があります。皮下組織削除法という方法は、脇の下を1センチほど切開し、汗腺の皮下組織をはさむようにし取り除く方法になります。この方法は、取り除きずらいといわれている皮脂腺やエクリン腺も取ることができるため十分な効果が得られます。しかし、数日の入院が必要となる場合があります。

その他にも様々な方法があります。気になる方は、一度病院でカウンセリングを行ってみてはいかがでしょうか。