脇汗がひどいなら、こんな対策を

「脇汗の悩み」 

脇汗がひどいと、夏は楽しめませんね。

白シャツの脇の部分が黄ばんでしまったり、匂いが気になったり。健康な人なら誰でも汗をかくものですが、あまりに目立つと恥ずかしいですよね。

ワキガのある人は余計だと思いますが、特に体臭がない人でも、脇汗は匂うことがあります。

制汗剤を使っても、完全に防げるわけではなく、悩む人も少なくないです。

 

脇にかぎらず、汗をかくのは体温調節と、老廃物の排出のためです。

人は活動をするとき、エネルギーを消費しつつ、熱を生じます。熱が身体にこもるとオーバーヒートしてしまいますから、水分を体外に出しクールダウンしています。

汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺がありますが、人によってどちらが多いか、というのは違います。

エクリン腺から出される汗はさらっとしていて、臭いは特にありません。

アポクリン腺は、脇の下、陰部、肛門、乳輪、耳の中だけに存在し、汗は粘り気があります。この汗はタンパク質が多く、雑菌が繁殖しやすく、乾くと独特の匂いを放ちます。

これがワキガなんですね。

 

「どんな対策法があるか」

さて、そんな脇汗の対策にはどんなものがあるでしょうか。

一般的には、制汗剤やデオドラント剤を使いますね。

スプレー式のもの、液状で直接脇の下に塗りつけるもの、クリーム状のもの、色々あります。

制汗剤はその名の通り、汗を抑える働きのものです。有効成分の収斂作用によって、汗腺を閉じ、汗が出るのを抑えています。

抗菌剤が含まれているものもあり、雑菌の繁殖も抑えます。

効果的かどうかは、体質にもよりますから一概にいえませんが、たくさん販売されているところをみると、愛用者も多いのだと思います。

 

デオドラント剤は香りの強いものをつけることにより、汗の匂いを打ち消すタイプ。

こちらにも抗菌剤が使われていることが多いようですね。サラサラしたものを好む人も多いようですが、使い方によっては肌に負担がかかることもあります。

パウダータイプはパウダーで、汗腺に蓋をし汗を抑えます。ほどよく使えば問題ないと思いますが、使いすぎると肌に負担をかけてしまいます。

汗はかいた直後は特に匂わないものです。だから、できれば汗を吸収する脇汗パッドを使ったり、汗ふきシートや水で濡らしたタオルで脇の下をこまめに拭くことが効果的です。

 

「ひどい脇汗に悩んでいるなら」

尋常でない脇汗に悩んでいるなら、外科的に治療する方法も考えるべきです。

外科的治療で最も簡単にできる治療法はボトックス注射です。

これはボツリヌストキシンという、いわゆる毒なんですが、汗が気になる箇所に直接注射し、汗腺を衰えさせます。

この治療法は15分程度で行うことができ、日帰りで処置が可能です。効果は3ヶ月から、1年です。

保険が適用されますから、3万程度の自己負担で済むようですね。比較的、安全な治療法といえます。

 

徹底的になくすなら、剪除法という外科的手術もあります。

これは、脇の汗腺自体を切り取る手術です。脇の部分を3〜4センチ切開し、臭いの元となるアポクリン腺を完全に取り除きます。

汗腺を切除しますから、臭いだけでなく汗の量も少ななり、ひどい脇汗に悩んでいる人には、確実で安心できる治療法ですね。

こちらの場合、手術は2時間程度ですが、安定するまでは1週間以上かかるそうです。

この方法は汗の量は確実に減り、再発することもありません。リスクとしては色素が沈着するため見た目が悪くなったり、目立つ傷跡が出来ることもある、という点でしょうか。

保険適用で5万円程度、自費で行うと30万程度。どちらになるかは、医師と相談するうえで決められます。