脇の悩み

「わきがじゃないけど、汗が臭い」

日本人は匂いにとても敏感な人種だといわれます。

その分、繊細な表現も出来る人がおおいわけですが、敏感であるために、自分の汗のニオイがとても気になる、という人も少なくありません。

わきがの場合は、ハッキリとした「体臭」ですから、気にするのも無理はありませんが、それ以外の汗のニオイ、わきがではない体臭についても、いやなものとして気にする人もいます。

汗のニオイなどは、汗をかく仕事をしている人にはつきもので、入浴して着替えれば全く感じないのですが、それでもいつも「臭っているのではないか」と気になるみたいですね。

 

わきがでもわきが以外でも、汗自体は無臭です。

汗はミネラル量の調節や、体温調節のために水分が排出されたものです。99%が水分でサラサラしています。

わきがの人はタンパク質と脂質の多い汗をかくため、放置しておくと雑菌が繁殖してニオイに変わるわけですが、通常の汗は乾いてもそうニオイはしません。

しかし、生活習慣や食生活が乱れると、ミネラル分の放出量が多くなり、粘り気が強い汗をかきます。

その汗が乾くと、雑菌が繁殖しやすいために、汗臭いニオイにかわります。

わきがとは違う汗臭さの原因はそれなんです。

体調不良や自律神経の乱れも、汗の成分を変えてしまうため、ニオイの元になります。

健康で心穏やかな生活をしていれば、ニオイが気になる汗をかくこともないんですね。

 

汗をかかないようにするより、処理が大事

汗は体温やミネラル分の調節をする、大切なもの。必要があって出てくるものなので、ムリに防ぐことはできません。

汗自体はにおわないのですから、処理をきちんとしておけば、不安になる必要もないんですよね。

汗は雑菌が繁殖する前にふき取ってしまうのがポイントです。そうすると雑菌が繁殖しにくいため、ニオイも発生しにくくなります。

脇の下をこまめに拭く、というと難しい気がしますが、トイレに行った時などの習慣にしてしまえば、さほど面倒でもありません。

乾いたティッシュのようなもので拭くより、除菌効果のあるもので拭いておくと、よりニオイの心配は小さくなると思います。

ただ、肌が敏感な人は、アルコール除菌タイプを小まめに使うと荒れてしまう可能性があるので、気をつけた方がいいですね。

除菌もアルコール・緑茶成分・電解水など、色々タイプがありますから、選んで使うといいと思います。

汗ふきシートも悪くないのですが、制汗効果の高いものは逆効果になる場合がありますから、自分の肌にあったものを使いましょう。

 

加齢臭は食生活と睡眠を大事に

加齢臭というのもありますね。男性に多く、気にする方も少なくありません。

加齢臭はノネナールという物質が分泌されることで発生する、といわれています。

ノネナールは、パルミトオレイン酸と過酸化脂質が結びついたものです。

そのパルミトオレイン酸は、牛肉や卵、フライドポテト、チーズやウィンナーなど、脂質を多く含む食品を頻繁に摂ると増加する傾向があります。

食生活が欧米化するにつれ、加齢臭に悩む人が増えた、というのも分かりますね。

 

また、過酸化脂質は活性酸素が増えると、連動して増える物質です。

活性酸素はストレスやタバコ、栄養過多などの他、過度な有酸素運動でも増えます。

これを避けるには、刺激の強いものを食べるのを減らし、食べ過ぎや運動のしすぎに注意が必要ですね。

何事もほどほどがいちばん、ということでしょうか。

 

睡眠も大切です。睡眠時に分泌されるメラトニンが、活性酸素を減らしてくれますからね。

加齢臭にしろ他のニオイにしろ、健康的な生活が、予防につながるというわけですね。